うごくどうぶつ

子猫だと思って保護したら…あの肉食獣だった!!

【AD】筋トレわんわんサンプル無料プレゼント


アルゼンチンで発生した珍事件。

ある日川の近くで、子猫を発見した学生。

すぐ近くでは、母猫らしき大きな猫が倒れていたため

母猫を失った子猫を保護して、

育てることにしたのだそうです。

子猫はスクスクと元気に成長し、

よく物に噛み付く癖はあるものの、

「やんちゃな子だなぁ〜」と

可愛がって育てていたのです。

ところが…

ある日診察のために動物医院に連れて行ってびっくり!!

なんと子猫だと思っていた子は、

ピューマ属の野生動物「ジャガランディ」だったのです。

短くて丸い小さめな耳、

鳴き声は猫に似て「ミャー」と高い声。

確かにちょっと猫さんと似ているかも。

野生動物なので一緒には暮らす事はできず、

2ヶ月ほど保護してくれた家で

人間と一緒に暮らしていた子猫改めジャガランディの子は

時期を見て野生に返されたそうです。

小さいうちは間違えるのも無理はないかもしれませんが

獣医さんも、保護していた学生も驚いたことでしょう。

出典:Inside Edition